FAQ | サイトマップ
初めての方マイページ

emol株式会社

2022-12-20 公開
emol株式会社
emol inc.
代表取締役 千頭 沙織
Chikami Saori

【代表取締役 千頭 沙織 氏 略歴】
1990年6月生。2014年に株式会社エアゼ(現在休眠)を創業、webやアプリの企画・デザイン・開発の業務に携わる。2018年にAIとチャットで会話をしながらメンタルケアをするアプリ『emol』をリリース。 2019年にemol株式会社を千頭大輝と共同創業、代表取締役就任。

【emol株式会社】
【設立】 2019年3月18日
【資本金】11,000千円
【所在地】京都府京都市中堂寺南町134 ASTEM棟7階
【役 員】(代)千頭沙織、千頭大輝
【事業内容】メンタルセルフケア/治療用アプリの開発

<起業家インタビュー>

「デジタルの力で最適な精神疾患治療を実現する」


■ 精神疾患治療のための認知行動療法アプリ「emol」

私どもは「精神疾患者に合わせた認知行動療法」のアプリ「emol」を開発しています。AIチャットボットが介入する事で医師の負担なく認知行動療法を実施でき、 保険適用されている精神疾患の治療におけるDXを進め、「emol」アプリでの認知行動療法の介入で対人の認知行動療法の代替を目指しています。

■ 精神疾患者の多くが適切な治療を受けることができていない

精神疾患治療ガイドラインでは「薬物療法」「認知行動療法」のどちらかを患者に合わせて治療を施す事が推奨されています。うつ病など精神疾患薬市場には、大塚製薬、武田薬品工業、住友ファーマなど数多くの製薬会社が参入しています。薬物療法は副作用もあり、特に海外では軽症~中等症であれば認知行動療法が望ましいと言われていますが、現状は重症度に関わらず薬物療法が施されていることが多いです。

■ 精神疾患に合わせた専門医が少ない

認知行動療法にも疾患ごとに手法が異なり、全てに対応できる医師は基本的におらず専門性の高い治療を受けることが難しい状況です。 また認知行動療法は30分以上行った場合、保険点数480点(4800円) と医師の費用対効果が見合わないため医師が認知行動療法を行うケースがほとんどありません。公認心理師(カウンセラー)による介入の場合は保険適用外となり、患者は実費で受けると費用的にも継続して通うことは困難です。

■ 自分自身の体験からセルフメンタルケアアプリ開発を決意

私は自身がメンタル不調になった際に誰にも相談できなかったという経験から、AIと会話することでメンタルの問題を解決するソリューションを作ろうと思い、2018年にアシスタントAIロボと会話して、セルフモニタリングをしながら自身のメンタルケアをするアプリ「emol」をリリース、1年で10万DLありました。2020年12月に、メンタルヘルスケアアプリ「emol」正式版をリリースし、アプリ上でのデジタルセラピーの提供を開始しました。オーガニックで30万ダウンロード(無償)され、企業、学校など、多方面へ一部有償のプログラムを提供しています。

■ 「emol」がなぜ勝てるのか

欧米では治療を目的としたアプリがFDA承認された事例もありますが、国内では薬物療法との併用やVRプログラムなどでの支援機能などにより複数企業が臨床研究中です。私どもは強迫症・不安症におけるKOL(キーオピニオンリーダー)である大学と共同研究しており、「emol」の認知行動療法プログラムの完遂率は92%と高い水準となっています。不安症に関連した疾患の診療ガイドラインに携わっている専門医の知見とノウハウをemolのアプリでDX化していく事で競争優位性があると考えています。

■ emol社が対象とする精神疾患領域のマーケットサイズ7,834億円

大うつ病性障害、双極性障害、持続性抑うつ障害、月経前不快気分障害など、「うつ病関連」の年間患者数は124万人で治療費は4,716億円となります(平成29年度)。強迫症・不安症・パニック症(パニック障害)・PTSD(心的外傷後ストレス障害)など、「不安症関連」の患者数は82万人で治療費は3,118億円となり、精神疾患領域の治療費合計は7,834億円となります。

■ -2030年に100億円規模の売り上げを目指す

治療用アプリ「emol」は、安全性・有効性の検証を経て2025年に薬事承認を目指しています。アプリの保険収載における展開により2030年に100億円規模の売り上げを目指しています。また非医療領域におけるサービスについても、健康経営やメンタルヘルス対策として企業を通じた従業員向けにアプリ提供も考えています。自治体向けでは、昨年11月より妊産婦向けに産後のメンタルヘルスの不調を予防するための実証実験を神奈川県平塚市、鎌倉市で開始し、来年より事業化予定です。

interviewed by kips 2022.11.15

※「THE INDEPENDENTS」2022年12月号 - p2-3より

THE INDEPENDENTS 最新号


【2022年9月号】

(株)ジェクスヴァル
「リパーパシング手法で、難治・希少疾患向け創薬をめざす」


<事業計画発表会プレゼン企業>
 Co-Growth(株)(代表取締役 佐々木 文平 氏)
(株)KOKYU(代表取締役 堀 敦友 氏)
(株)エイ・オー・テクノロジーズ(代表取締役 井上 克己 氏)
(株)E3Mobility(代表取締役 高橋 良彰 氏)
(株)NEXT STAGE(代表取締役社長 小村 直克 氏)
L&Kメディカルアートクリエイターズ(株)(代表取締役 佐久間 研人 氏)
(株)WDC(代表取締役 上石 泰義 氏)
(株)Anamorphosis Networks(代表取締役 炭谷 翔悟 氏)
(株)DIIIG(代表取締役 秋國 寛 氏)
ジカンテクノ(株)(代表取締役 木下 貴博 氏)
(株)満寿屋商店(代表取締役 杉山 雅則 氏)
(株)土谷特殊農機具製作所(代表取締役 土谷 賢一 氏)

<知財インタビュー>
クモノスコーポレーション(株)
「3D空間計測技術で社会のインフラの維持・管理に貢献する」

<コラム>
ペンチャーコミュニティをめぐって
知的財産判例に学ぶ企業活動

事業相談・プレゼン希望



ビジネスプランや資本政策等のご相談、またインデペンデンツクラブ主催の「事業計画発表会(毎週金曜)」等でのプレゼン希望はこちらからお問合せください

事業相談・プレゼン希望はこちら

事業計画発表会の開催情報や新着記事など、毎週金曜日に配信するメルマガ「THE INDEPENDENTS NEWS」の購読を希望される方は以下よりご登録ください

メルマガ登録はこちら

イベントスケジュール

2月
東 京
3日(金)
月例会
6日(月)
東 京
10日(金)
東 京
17日(金)
京 都
24日(金)
3月
東 京
3日(金)
月例会
6日(月)
鹿児島
30日(木)
▼展開する

インデペンデンツクラブからのお知らせ