FAQ | サイトマップ
初めての方マイページ

(株)グローバルトラストネットワークス

2020-02-13 公開

<聞き手>
株式会社AGSコンサルティング
専務取締役 小原 靖明 氏(写真右)
1985年明治大学大学院法学研究科修了。1989年当社入社。2000年IPO支援会社ベックワンソリューション設立、代表取締役就任。2007年合併に伴い、当社取締役就任。2012年3月常務取締役。2014年3月専務取締役(現任)

<話し手>
株式会社グローバルトラストネットワークス
代表取締役 後藤 裕幸 氏(写真左)
生年月日:1978年6月12日 出身高校:熊本学園大学付属高校
2000年中央大学法学部在学中に起業し、オンラインゲーム、ファッションサイトを開設。2003年(有)ミューゲートを設立、代表取締役就任(2004年退任)。2004年(株)ミューを設立、代表取締役就任(2006年退任)。2006年当社設立、代表取締役就任。

【株式会社グローバルトラストネットワークス】
設 立 :2006年7月
所在地 :東京都豊島区東池袋1-21-11 オーク池袋ビル2階
資本金 :11億1500万円
事業内容:外国人専門の賃貸住宅保証/不動産賃貸仲介事業/外国人のための生活サポート/職業紹介/携帯電話(MVNO)/旅行事業
URL :https://www.gtn.co.jp/

<特別対談>これからのIPOスタイル

外国人向けの家賃保証から生活総合支援企業へ。大企業と提携しオールジャパンで「世界平和」を実現する


■入管法改正や東京オリンピックを追い風に

後藤:当社は「外国人が日本に来てよかったをカタチに」をテーマに、日本を目指す外国人に向けたさまざまなサービスを提供しています。生活総合支援企業として、「家賃保証」「モバイル」「就職支援」の3つを柱に事業を展開し、創業から13年、外国人の方々に関わる各種問題を解決し続けてきました。
小原:近年、観光はじめ外国人に関する日本の環境は劇的に変化を遂げています。貴社にとってもIPOに向けた重要な時期を迎えていますが、2020年はどのような年と位置づけているのでしょうか。
後藤:業界のニュースとして、2019年春には入管法の法正というビッグイベントがありました。新たに制定された在留資格「特定技能」は、政府が初めて高度人材以外の労働者受け入れを認めたものです。この特定技能外国人を雇用する企業が負う9項目の実施義務は、当社がこれまで行ってきた外国人支援の基幹業務とまさに重なります。様々な知見を有する人材も集まって厚みのある組織になってきた中、東京オリンピックを迎える2020年は大きく飛躍を遂げる一年にしたいと考えています。

■外国人支援のパイオニアとして、多業種とのアライアンスを推進

小原:2018年の丸井グループ・新生銀行らとの資本業務提携も大きな転換点でしたね。
後藤:日本にいる外国人が抱える大きな課題は「家・仕事・通信」に加えて「金融」です。金融事業を自社単独で行うにはハードルが高かったのですが、この提携により念願成就し、外国人の四大課題すべてをカバーする体制が整いました。現在、丸井グループとは外国人専用のクレジットカード事業を、新生銀行とは留学希望者などへの無金利ファンド事業を始めており、水面下で他の提携交渉も進んでいます。
小原:外国人向けの生活インフラ支援として事業基盤もしっかりしているので、さらに「金融」事業へ発展するストーリーを丁寧に説明できれば投資家の評価もがらりと変わります。
後藤:当社の企業価値の源泉は多国籍な組織文化とホスピタリティです。外国人入居者のトラブルを管理会社へ通訳して伝聞するのではなく、その場で解決してしまう生活サポート力は日本で唯一だと自負しています。また、家賃保証事業で培ってきた与信管理や回収ノウハウ含めたリスクマネジメント力がある当社だからこそ、金融事業者とタッグが組めたのだと考えています。
小原:最近では企業価値向上のため、AIやテクノロジーに投資する会社も増えていますが、貴社の取り組みはいかがでしょうか。
後藤:当社ではむしろアナログの価値も重要視しており、人間の高度な判断が必要になることを極めていきます。AIやスコアリングにおいては、技術よりもRAWデータが重要であり、我々はそれらを徹底的に収集する役割を担い、テックカンパニーから組みたいと思ってもらえる存在になりたいと思います。

■ONE ASIA&ONE WORLDを目指して

小原:「家賃保証」や「インバウンド」という分類に囚われない魅力や可能性が、貴社にはあるとよくわかりました。IPOに向けて、今後の成長ストーリーをお聞かせください。
後藤:日本の人口減少や高齢化が加速することは、人口統計学から明らかです。日本人の労働力が減っていくのであれば、外国人を迎え入れることがこれからの日本のカギになることもまた確実です。このように、明らかな未来に立脚していることは、投資家にとっても魅力なのではないでしょうか。加えて、当社を支えてくださるビッグカンパニー達と「日本を目指す外国人向けビジネスのオールジャパン」といえる体制を築ければ、さらに理解も得られやすくなると思います。そして将来的には、双方向に行き交う全ての外国人の生活を支援し、本気で「世界平和」の実現を目指しています。
小原:現在の外国→日本だけでなく、クロスボーダーな取り組みを視野に入れているならば、シンガポール市場など海外上場への挑戦もぜひ検討してみてください。内部体制の強化も課題ですが、後藤社長のビジョンを従業員の皆さんと密に共有する仕組みもあるといいですね。AGSも全力でお手伝いします。本日はありがとうございました。

■ 対談を終えて

小原:外国人の家賃保証から始まったビジネスが、わずか数年で「仕事」「通信」に拡がり、またそれを海外にまで展開できる事業推進力は、非常に魅力的です。ただ今後は、IPOを考えると「ガバナンスの成長」にも注力してさらに力強い企業になってもらいたいと思います。
後藤:GTNは、外国人の課題解決を行う会社であり、多国籍、多文化、多言語の社員が国内外の拠点ごとに異なる事業・業務に従事する会社です。類を見ない個性の強い会社であることが強みである分、管理等は難しくなることもあります。小原様をはじめ、インデペンデンツクラブで出会った専門家の皆様や先輩がたの意見を頂きながらこれからも成長し続けたいと思います。

■ 株式会社AGSコンサルティング 会社概要

代表者  :代表取締役会長 虷澤 力/代表取締役社長 廣渡 嘉秀
スタッフ :400名(公認会計士61名・税理士76名)2019年10月現在
東京本社 :東京都千代田区大手町1-9-5 大手町フィナンシャルシティノースタワー24F
      TEL 03-6803-6710 FAX 03-3510-2800
大阪支社 :大阪府大阪市中央区今橋3-3-13 ニッセイ淀屋橋イースト 5F
      TEL 06-6232-0600 FAX 06-6232-0616
名古屋支社:愛知県名古屋市中村区名駅 4-2-28 名古屋第二埼玉ビル 9F
      TEL 052-533-6695 FAX:052-533-6698
福岡支社 :福岡県福岡市中央区天神1-9-17 福岡天神フコク生命ビル 14F
      TEL 092-737-8211 FAX 092-724-0320
海外拠点 :シンガポール、香港、マレーシア
事業内容 :マネジメントサービス、事業承継支援、企業再生支援
      IPO支援、M&A支援、国際業務支援
URL  :http://www.agsc.co.jp/

※「THE INDEPENDENTS」2020年2月号 - p12-13より
※掲載時点での情報です

THE INDEPENDENTS 最新号


【2020年2月号】


(株)AI Samurai 白坂 一
(株)グローバルトラストネットワークス 後藤 裕幸
(株)トルビズオン 増本 衛
新春交流会 起業家スピーチ25社

イベントスケジュール

2月
東京
3日(月)
東京(石川)
13日(木)
京都
14日(金)
3月
東京
2日(月)
金沢
13日(金)
北海道
19日(木)
福岡
27日(金)
▼展開する

インデペンデンツクラブからのお知らせ