FAQ | サイトマップ
初めての方マイページ

ベンチャー投資を考える第119回

2019-08-23 公開
(株)Kips
Kips Co.Ltd.
代表取締役 國本 行彦
Kunimoto Yukihiko

【國本 行彦】
1960年8月21日生。
東京都立志村高校卒業。
1984年早稲田大学法学部卒業後、日本合同ファイナンス(現・JAFCO)入社。
2006年1月5日(株)インディペンデンツ(現(株)Kips)設立、代表取締役就任。
2015年11月9日 特定非営利活動法人インデペンデンツクラブ 代表理事就任(現理事)


ベンチャー投資を考える第119回

拡がるベンチャー投資とその課題


 野村證券が「株主コミュニティ制度」運営会員に指定されました。地域に根差した非上場企業の株式売買や発行をサポートする事で、従業員の福利厚生や地域住民の資産形成に繋げていきます。

 日本M&Aセンターはプロ投資家向け株式市場「TOKYO PRO Market」に係るJ-Adviser資格を取得しました。事業承継型のM&Aだけでなく成長戦略型のM&Aを強化しており、地方に「働きたい」と思える“スター企業”を誕生させながら地方創生に貢献しようとの事です。

 インターネットを通じて未上場企業に投資する株式投資型クラウドファンディング業者にユニコーン社が認可され、第1号案件には目標50百万円を超える応募がありました。業界最大手の日本クラウドキャピタル社が手掛けた案件の調達金額は20億円を超えています。

 一方で非上場企業の多くは上場会社のような監査法人による会計監査は受けず、有価証券報告書も公表していないので情報開示面での問題があります。財務基盤が脆弱で収益も不安定なため倒産リスクもあります。更に投資家の市場参加者が少なく流動性が乏しくなります。

 好調なIPO市場によって資産形成に成功しているエンジェル投資家を中心にベンチャー投資に対する関心度は高まっています。現在はリスク許容度が高く投資経験豊富な投資家に限定されていますが、ベンチャー企業側の資金ニーズも高く、非上場企業の健全な発展が望まれています。株主コミュニティやTOKYO PRO Market市場にも証券会社等の業者がもっと増えていき、市場の流動性をいかに高めていくかが今後の課題になります。


※「THE INDEPENDENTS」2019年8月号 - p38より

THE INDEPENDENTS 最新号


【2020年2月号】


(株)AI Samurai 白坂 一
(株)グローバルトラストネットワークス 後藤 裕幸
(株)トルビズオン 増本 衛
新春交流会 起業家スピーチ25社

イベントスケジュール

2月
東京
3日(月)
東京(石川)
13日(木)
京都
14日(金)
3月
東京
2日(月)
金沢
13日(金)
北海道
19日(木)
福岡
27日(金)
▼展開する

インデペンデンツクラブからのお知らせ