FAQ | サイトマップ
初めての方マイページ

(株)NSCore

2019-02-01 公開
(株)NSCore
代表取締役社長 堀内 忠彦
Horiuchi Tadahiko

【堀内 忠彦氏 略歴】
1983年京都大学大学院工学研究科原子核工学専攻修了後、日本電気(株)入社。1989年カリフォルニア大学バークレー校客員研究員(1年間)。2002年分社化により(株)NECエレクトロニクス転籍。2003年DongbuAnam Semiconductor(韓国)入社、Executive Vice President。2004年(有)NSCore設立、取締役社長就任。2005年株式会社化、代表取締役社長就任(現任)。

【株式会社NSCore】
設 立 :2004年9月13日
資本金 :92,280千円
所在地 :福岡県福岡市早良区百道浜3-8-33
事業内容:不揮発メモリIPの開発およびライセンス付与



IoT時代に不可欠な不揮発メモリIPを提供



■日本初のメモリIPベンチャー

 当社は2004年9月創立以来、不揮発メモリ技術をコアコンピタンスとして、半導体集積回路における革新的な設計IPをIDM(垂直統合型デバイスメーカー)やファブレス設計会社をはじめ、多くのお客様向けに提供してきました。当社の『PermSRAM』を搭載する半導体の累計出荷数は20億個に到達し、有力スマートフォンなどにも採用されており、収益の柱となっています。なお、特許は米国を中心に30件取得しています。

■世界初・低コスト不揮発メモリセル技術の開発に成功

 製造工程中の高温熱処理を嫌う高誘電率ゲート絶縁膜やメタルゲートが最先端ロジックCMOSプロセスでは標準実装されており、不揮発メモリの混載は不可能と言われてきました。当社では、Pチャネル・ショットキー接合メモリセル『TwinBit』を新規開発し、マスク追加・工程追加無しに最先端ロジックCMOS上に不揮発メモリを実現しました。『TwinBit』は、1万回のデータ書き換え、10マイクロ秒でのデータ書き込みが可能です。

■今後の事業展開

 『TwinBit』の性能は、特に急成長するIoT製品やマイコン製品の製造に最適であり、大幅なコストダウンや設計工期の最短化に貢献します。世界の半導体工場で標準化されることを目指し、あらゆるロジックプロセスおよびアプリケーション向けチップに採用されるよう、積極的な開発と販売を展開してまいります。


※掲載時点での情報です

THE INDEPENDENTS 最新号


【2019年2月号】
(株)ヴィリング 中村 一彰
ビープラッツ(株) 藤田 健治
(株)ブレイゾン・セラピューティクス 戸須 眞理子
レキオ・パワー・テクノロジー(株) 河村 哲
(株)NSCore 堀内 忠彦
(株)マイルシェア 森田 宣広
(株)ラテラ 荒磯 慎也
(株)フルコミッション 山崎 明信
(株)農業情報設計社 濱田 安之
(株)Geolocation Technology 山本 敬介
(株)アイル 早田 圭介

イベントスケジュール

2月
東京
4日(月)
北海道
8日(金)
京都
15日(金)
東京
21日(木)
3月
東京
4日(月)
東京(石川)
15日(金)
金沢
22日(金)
松山
28日(木)
4月
福岡
5日(金)
東京
8日(月)
名古屋
19日(金)
5月
東京
7日(火)
6月
東京
3日(月)
7月
東京
1日(月)
8月
東京
5日(月)
9月
東京
2日(月)
10月
東京
7日(月)
11月
東京
5日(火)
12月
東京
2日(月)
▼展開する

イベントのお知らせ