FAQ | サイトマップ
初めての方マイページ

ロボセンサー技研(株)

2018-06-20 公開
ロボセンサー技研(株)
代表取締役 大村 昌良
Omura Masayoshi

【大村 昌良氏 略歴】
1959年生まれ。国立沼津工業高等専門学校出身。広島大学工学部卒、広島大学大学院工学研究科修了後、富士通、ヤマハで半導体やセンサーの技術開発を担当。2013年3月退職し、明陽電機(株)、エス・オー・シー(株)を経て、2016年8月当社設立、代表取締役就任。

【ロボセンサー技研株式会社】
設 立 :2016年8月1日
資本金 :3,000千円
所在地 :静岡県浜松市北区三方原町1064-10
事業内容:触覚センサーの研究開発および応用製品の開発
従業員数:5名(パート含む)


ロボセンサー技研(株)

No.869 ロボセンサー技研株式会社


『ピエゾ電線センサー』の応用開発を目指す



■対象の動きや振動を検出する『ピエゾ電線センサー』

当社は動きや振動を検出する『ピエゾ電線センサー』を開発し、現在製品化を進めています。『ピエゾ電線センサー』は、ピエゾフィルム(圧電素子)を導線に巻き付け、直径0.5mmの極細同軸ケーブルとして形成したものです。細くて柔軟なため任意の形状に変形できるほか、自己発電性でセンサー信号を自ら発生するため電源が不要となり非常に低価格なセンサーシステムが構築可能です。

■振動計測で産業用機械の老朽化を検知

『ピエゾ電線センサー』は従来の加速度センサーと比較して被計測対象物の回転振動を明確に計測し判定(※)することができます。このため産業用機械の刃物の交換時期を正確に判断したり、不良発生を防止したりすることができます。更に、極細いワイヤー形状のため後からでも設置が容易であり、ロボットアームや建築機械などの動作監視向けなど、様々な産業分野での応用も期待されています。(※ デモではセンサー波形の実効値判定を利用)

■布状触覚センサーの応用開発

極細いセンサー電線を布に織り込むことで、柔軟で通気性が良く、裁断や縫製、染色などの加工も可能となる布状触覚センサーが得られます。非侵襲性で金属アレルギーもないため、医療・介護分野への応用が期待できます。このセンサーをベッドシーツの下へ敷くことで、赤ちゃんや要介護者の離床警報や、無呼吸や寝返りなどに対する動監視などへの応用が期待されます。

■今後の事業展開

引き合いが増加している加工機械やロボット向けの振動センサーは、今年中に製品化を進めます。これら製品に接続可能なIOT機器開発と、更にAI診断システムとの連携開発も並行して進めていきます。布状触覚センサーをベースにした『見守りセンサー』も来年後半までには製品化を目指しています。これら製品の研究開発の推進と販売活動を充実させるため、資金調達を計画しています。



THE INDEPENDENTS 最新号


【2018年7月号】
(株)データミックス 堅田 洋資
(株)パイフォトニクス 池田 貴裕
(株)くしまアオイファーム 池田 誠
(株)ファイレスキュー 飯田 大貴
(株)ごはん 大島 知美
(株)リプロネクスト 藤田 献児
ストーリーエム(株) 李 成範
(株)クマモト敬和 宮野 敬之
(株)SIRC 辻本 浩章

イベントスケジュール

7月
東京
2日(月)
名古屋
6日(金)
大阪
12日(木)
東京
17日(火)
8月
京都
3日(金)
東京
6日(月)
東京
20日(月)
静岡
22日(水)
高知
31日(金)
9月
東京
3日(月)
富山
6日(木)
東京
18日(火)
福岡
28日(金)
10月
東京
1日(月)
札幌
16日(火)
東京
22日(月)
11月
東京
5日(月)
東京
19日(月)
12月
東京
3日(月)
東京
17日(月)
▼展開する

THE INDEPENDENTS CLUB お知らせ