FAQ | サイトマップ
初めての方マイページ

『いつでも どこでも 誰とでも!』 オンライン営業中のクレーンゲーム!

2013-05-23 公開
(株)ネッチ
代表取締役 西村 大

株式会社ネッチ
代表取締役 西村 大さん

1974年4月4日 生まれ
1995年 株式会社シグマ(現:アドアーズ株式会社)入社
2001年 デルガマダス株式会社入社
2012年 株式会社ネッチ代表取締役就任

設 立:2012年9月8日
資本金:51,000千円
所在地:東京都豊島区西池袋 5-8-9 藤和池袋コープ 204
事業内容:インターネットを利用したゲーム及び映像配信サービス

http://netch-jpn.com/

【第175回事業計画発表会】
2015年2月9日@東京21cクラブ

『いつでも どこでも 誰とでも!』 オンライン営業中のクレーンゲーム!

ネットキャッチャー「ネッチ」

「 『いつでも どこでも 誰とでも!』 オンライン営業中のクレーンゲーム! 」

―インターネット経由でクレーンゲームをプレイ
当社はインターネット経由でリアルのクレーンゲームを遠隔プレイする「ネッチ」を提供しています。1プレイ100円から24時間いつでも遊ぶことができ、獲得した景品は全国に無料配送しています。クレーンゲーム実機がふじみ野サービスセンターに54台設置されており、2013年3月に正式サービス開始以来、約3,000人の登録会員にプレイいただいています。

―ネットを通じたリアルのコントロール技術
特許申請している映像配信・遠隔操作技術によって、マウスのクリックと映像上のクレーンの動きをほぼリアルタイムで同期することができます。これにより、アミューズメント施設のクレーンゲームと何ら違和感のない操作感でゲームを楽しむことができます。

―景品調達力が優位性
クレーンゲームの景品は非売品のため、一般の方は購入することができません。当社取締役社長の平島は30年の業界経験があり、様々な景品メーカーと取引実績があります。クレーンゲームをプレイする動機は「景品が欲しいから」が圧倒的に多く、当社の景品調達力は強みであり参入障壁にもなります。

―クレーンゲームの市場規模
クレーンゲームはアミューズメント施設でも人気機種であり、市場規模は約1,800億円(2012年・日本アミューズメント産業協会発表より)あると言われています。当社ではこの10%のシェアを獲得すべく、ゲームポータルとの連携により、会員増強を図っていきます。

―ライバルはAmazon
私どもはネッチ事業をエンターテイメント性を備えた”物販”と捉え、Amazonをベンチマークしています。景品の並べ替えや梱包・配送など、ゲーム機50台を1人でオペレートできるよう改善を重ね、徹底して経営効率を高めています。将来的にはリアルコントロール技術を他社にも開放し、プラットフォーマーとしてクレーンゲーム以外の事業も手がけていきたいと考えています。

※全文は「THE INDEPENDENTS」2013年6月号にてご覧いただけます

THE INDEPENDENTS 最新号


【2020年6月号】


(株)農業情報設計社 濱田安之
テラドローン(株) 徳重徹
(株)テクノスピーチ 大浦圭一郎
tryangle(株) 藤原真吾
(株)トルビズオン 増本衛
(株)キュービクス 丹野博

<ポストコロナ特集>
松田修一、吉崎浩一郎、奥原主一、秦信行

事業相談・プレゼン希望



ビジネスプランや資本政策等のご相談、またインデペンデンツクラブ主催の「オンライン事業計画発表会(毎週金曜)」等でのプレゼン希望はこちらからお問合せください

事業相談・プレゼン希望はこちら

イベントスケジュール

10月
WEB
2日(金)
月例会
5日(月)
WEB
9日(金)
大阪
15日(木)
名古屋
16日(金)
WEB
23日(金)
東京
30日(金)
11月
月例会
2日(月)
東京
6日(金)
北海道
13日(金)
兵庫
20日(金)
東京
27日(金)
浜松
30日(月)
12月
東京
4日(金)
月例会
7日(月)
福岡
11日(金)
広島
17日(木)
東京
18日(金)
▼展開する

インデペンデンツクラブからのお知らせ